ハーブ染めの方法|余ったドライハーブで染めてみよう

ハーブ染めの方法

ドライハーブがたくさん余ったら、ハーブ染めをしてみてください。ハーブ染めをしている最中は、部屋中がハーブの香りで満たされてとても心地いいですよ。

いつでも手軽にできる、簡単なハーブ染めの方法を紹介します。

ハーブ染めのやり方

ハーブの種類によって、仕上がりの色は変わります。今回は、以下の4種類のハーブをミックスして染めてみました。

  • ベイリーフ
  • レモングラス
  • タイム
  • フェンネル

 

ちなみに上記のハーブで染めた場合、仕上がりの色は淡いレモンイエローです。

準備しておくもの・・・

  •  染めたい布や衣類
  •  お好みのハーブ(適量)
  • ハーブを包む布や巾着袋
  •  ミョウバン(水カップ1に対して大さじ1杯ほど)
  •  衣類が浸かる大きさの鍋(アルミ製の鍋はNGです)

ハーブの量が多ければ多いほど、濃く染まります。ミョウバンは、スーパーで手に入ります。

染めたい布が綿や麻の場合は、下準備が必要です。下準備には、牛乳または豆乳を使用します。

下準備(前日におこなう)

布を染めるときに、繊維に含まれるタンパク質と色素が反応することで色がつきます。

絹は動物性の繊維なのでタンパク質を含みますが、綿や麻は植物性の繊維のためタンパク質を含みません。

そのままでは染まりにくいので、タンパク質に浸け込む必要があります。

布が浸るぐらいの量の牛乳か豆乳水(成分無調整豆乳1:水1)を用意して、20分ほど浸け置きましょう。

浸け終えたら洗い流さずにそのまま絞り、乾かしておいてください。

1. 染める布をあらかじめぬるま湯に浸しておく

布全体を濡らしておくことで、むらなく染めることができます。

2. ハーブを布で包んでひもで縛る

ハーブを布で包むか、巾着袋に入れておきましょう。

3. 鍋にたっぷりの水と包んだハーブを入れる

鍋に、布が浸る程度の水と包んだハーブを入れます。

4. 約20分間ハーブを煮出す

沸騰してから、20分ほど煮出します。

5. 鍋からハーブを取り出し布を入れる

ハーブを取り出したら、1の布を濡れたまま鍋に入れましょう。そのまま5~10分間、弱火で布を煮ます。

ときどき菜箸で布をひっくり返すと、均一に染まります。

6. 火を止めて、5にミョウバンを入れる

ミョウバンには、色止めの役割があります。ミョウバンが溶けるように、よく混ぜましょう。

冷めるまで、そのままの状態でしばらく置きます。

7. 冷めたら布を取り出して水洗いする

染めた布を水で軽く洗い、水気を絞ります。

8. 陰干しすれば完成!

使うハーブによって、仕上がりの色はさまざま。

使い切れないハーブがあったら、ぜひ気軽にハーブ染めをしてみましょう。