ハーブチンキの作り方|アルコールに浸けるだけでハーブの成分をしっかり抽出できる

スギナのドライとスギナのチンキ

ハーブの有用成分を長期保存しておくには、チンキにするのがおすすめです。

チンキにすることで、使い道も広がります。(→ハーブチンキの使い方

今回は、私たちにとって身近なハーブである「スギナ」を使ったチンキの作り方を紹介します。

チンキはあらゆるハーブで作ることができます。作り方は、どのハーブも同じです。
チンキとは・・・ 度数の高いアルコール(ウォッカなど)にハーブを浸け込んで、成分を抽出したハーブ液のこと。ハーブのもつ薬効成分が濃縮され、長期の保存が可能です。

ハーブチンキの作り方

スギナのチンキ作り方

ハーブチンキは、ドライハーブとフレッシュハーブのどちらでも作れます。

ただ、フレッシュハーブは水分が多いので、より長持ちさせたい場合はドライハーブで作るといいでしょう。

※ドライハーブでチンキを作る場合、抽出される薬効成分の濃度が高くなります。

準備しておくもの・・・

  • ウォッカなどの度数の高いアルコール (30度以上)
  • しっかりと密閉できる瓶(あれば遮光ガラスの瓶)

私がいつもチンキ作りの際に使っているのは、ウィルキンソン ウォッカ(40度)です。→ウィルキンソン ウォッカ 40度 720ml 正規

1. スギナの地上部分を収穫して、汚れを落とす

収穫したスギナを流水でさっと洗い、泥汚れや虫などを落とします。

2. スギナを乾燥させる

ザルに広げて乾燥させます。2~3日乾燥させればOK。

(乾燥したスギナにお湯を注げば、スギナ茶として楽しめます)

3. 粉にならない程度に細かくして、フタ付きの瓶に入れる

乾燥スギナをカットする

瓶をあらかじめきれいに洗い、水気を取って消毒しておきます。

スギナを1センチくらいにカットし、瓶に入れます。粉になるまで細かくする必要はありません。

スギナの量はお好みでOKです。ただし多く入れすぎると薬効成分がかなり濃く抽出されるので、できあがったチンキを使用する際には、精製水で薄めるなどして調節してください。

4. スギナがすべて浸るようにウォッカを注ぎ入れて、フタをきつく閉める

スギナをウォッカで浸け込む

スギナがすべて浸るようにウォッカを注ぎ、フタを閉めて2~3回振ります。チンキを仕込んだ日付けをラベルに書いて、瓶に貼っておきます。

5. 暗いところに置き、2~3週間ほど保管する

スギナのチンキ

保管する間、1日に1度は瓶を振りましょう。中身が混ざり、スギナの薬効成分がより抽出されやすくなります。

6. スギナの葉っぱをガーゼなどでこして、液体のみを瓶に移す→完成!

スギナのチンキをさらしでこす

可能であれば、遮光ガラス瓶の使用をおすすめします。光を通しにくくするので、チンキの劣化を最小限におさえることができます。

チンキは1年以内には使い切るようにしましょう。

チンキはあらゆるハーブで作れる

ドクダミの花のチンキには、美白効果があるといわれています。なので、化粧水におすすめ。

ドクダミの葉のチンキは蚊除け効果が抜群です。チンキを手のひらにとり、両手ですり合わせてから顔や体全体になじませてください。

香りがよく、蚊も寄り付きません。

ハーブチンキはいろいろと使えるので、ぜひ作ってみてください。 (→ハーブチンキの使い方