ハーブティーのいれ方|自分で栽培したハーブをお茶にして飲む

自家栽培のメディカルハーブティー作り方

私はふだんから、気軽にハーブティーを飲んでいます。毎朝多めにハーブティーを作り、水筒に入れて一日かけて飲むのが日課です。

生のままのハーブでもドライにしたハーブでも、サッと作って飲むことができますよ。(→ハーブをドライにする方法

ティーポットでハーブティーをいれる

ハーブティー ティーポット いれ方

やわらかいハーブの葉や花のお茶は、紅茶や緑茶と同じようにティーポットを使用します。

ハーブティーのいれ方1(ティーポット)

  • STEP.1
    きざんだハーブの葉や花をティーポットに入れる
    ドライのハーブなら小さじ山盛り1杯、生のハーブならドライの2倍の量を使う。
  • STEP.2
    熱湯を注ぎ、5分間蒸らす
    蒸気とともに精油成分が蒸発してしまわないように、かならずフタをする。
  • STEP.3
    完成!
    香りも味わいながら、ゆっくりといただく。

小鍋で煮出してハーブティーを作る

ハーブの固い部分を小鍋で煮出す

たとえばハーブの根や種、茎などの固い部分をお茶にしたい場合は、抽出に時間がかかるので、以下のやり方で小鍋を使って煮出します。

ハーブティーのいれ方2(小鍋)

  • STEP.1
    細かくしたハーブの根・種・茎を小鍋に入れ、水を注ぐ
    水は、だいたい500cc。ハーブは小さじ2杯程度。
  • STEP.2
    鍋にフタをして火にかける
    沸騰したら弱火で15~20分煮立てる。
  • STEP.3
    完成!
    茶こしで濾したハーブティーを3等分して、その日のうちに飲み切る。

アルミ製の鍋はハーブの成分と反応してシミができる場合があるので、スチール・ほうろう・ガラス製の鍋が望ましいです。

 
ハーブティーは代謝されるのが早く、すぐに排泄されてしまうもの。1日3~5回に分けて、こまめに飲むことをおすすめします。